産後切れ痔はこんな原因で起こる

妊娠中と出産後で、切れ痔やいぼ痔になる確率は、なんと7割以上とも言われています。

産後切れ痔はかなりの確率

元々、切れ痔にはなりやすい女性ですが、妊娠中だけではなく出産後も気は抜けません。

産後に切れ時になりやすい理由と対策とは?

ここでは、妊娠中に痔になってしまった人のケースはのぞいて話をします。

理由その1. 搾乳(さくにゅう)による水分不足

搾乳は赤ちゃんのために毎日おこなうことです。

赤ちゃんができてからは、母乳をつくる為に今まで以上に水分をとる必要があります。

この水分をとらなければ、自然と便が硬くなり、便秘の原因にもなります。

便秘は切れ痔の天敵なので、水分を多くとり、便秘にならないように気をつけましょう。

理由その2. 筋力の低下

妊娠中の運動不足や出産による筋力の低下が原因で切れ痔になりやすくなりますが、

特に腹筋は、弱ければ、便を押し出すことが出来ません。

簡単な運動(ウォーキング)や家の中での簡易トレーニングでもOKなんです。

続けることで妊娠前の筋力の状態にからだを戻すことが出来ます。

その他の対策

食事を気をつければ、切れ痔の治療と予防の両方が同時に可能です。

食物繊維や乳酸菌を多くとり、切れ痔になりにくい体質をつくりましょう。

まとめ

  • 産後は、母乳をつくる為に今まで以上に水分をとる必要がる。
  • 妊娠中の運動不足や出産による筋力の低下は切れ痔の原因になる。
  • 食事に気をつければ、切れ痔の治療と予防の両方が同時に可能。

悩み別の切れ痔対策! あなたはどのタイプ?

あなたが切れ痔で悩んでいるなら、まずは便通を良くすることが基本中の基本です。

便通を改善すれば、それだけで切れ痔が治る可能性はかなり高くなりますよ。

当サイトでは、現在痔(主に切れ痔)のブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る