コーヒーは切れ痔の原因になる飲み物

そこまで大きな理由ではありませんが、コーヒーも切れ痔の原因になりえる飲み物です。

その理由は、コーヒーに含まれるカフェインにあります。

コーヒーは切れ痔の原因になる飲み物

カフェインの血管収縮は特に気にする必要なし

カフェインの血管収縮作用に対して、「カフェインが危険だぞー!」という記事をみかけますが、コレに関しては特に気にする必要はありません。

なぜならカフェインの血管収縮作用は、脳血管の収縮作用だからです。

他の末端の血管については、拡張作用があります。

ですので切れ痔にとっては、あまり関係がないんです。

カフェインは消化器の水分を減らすことが問題

これはアルコールも同じですが、カフェインという成分が消化器の水分を減らす傾向にあるんだそうです。

ですので便がかたくなり、その結果として便通が悪くなって切れ痔の原因になる! ということがあり得ます。

こちらは少し気を付けた方がいいかもしれません。

ただし水を多く飲むことで解決できるので、これもあまり大きな問題とは言えないかと思います。

ただしコーヒーにはその他の副作用もあるので、1日に3杯までを限度としてください。

ちなみに、成人が飲むべき1日あたりの水の量は、2リットル程度が目安です。

この計算方法は「体重 ÷ 30」なので、体重50kgの人は1,67リットル、体重75kgの人は2.5リットルです。

あくまでも目安ですけどね。

妊娠中や産後はカフェインを控えた方がいい

カフェインは、そこまで切れ痔にとっては気にしなくてもいい問題です。

しかし妊娠中や産後などは、体にとっても赤ちゃんにとっても大切な時期なので注意してください。

コーヒーは、あまり健康的とされる飲み物ではありませんからね・・・

ノンカフェインの水やお茶がオススメです。

ただし、もし「コーヒーが飲みたいよ〜」ということであれば、下記のようなものもあります。

これは実際に試したこともあり、味もよくて妊婦さんでも飲めるノンカフェインコーヒーです。

便通がよくなり、切れ痔の予防と治療にも使えるのでオススメです。

まとめ

  • カフェインの血管収縮は切れ痔にとっては、特に気にする必要はない。
  • カフェインは水分を減らすので、便がかたくなる。
  • カフェインをとるなら、水分摂取を多めにする必要がある。
  • 妊娠中や産後は、カフェインを含むコーヒーなどは控えた方がいい。

悩み別の切れ痔対策! あなたはどのタイプ?

あなたが切れ痔で悩んでいるなら、まずは便通を良くすることが基本中の基本です。

便通を改善すれば、それだけで切れ痔が治る可能性はかなり高くなりますよ。

当サイトでは、現在痔(主に切れ痔)のブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る