肛門が元々狭い人はどうすれば良い?

切れ痔がひどくなっていくと肛門が狭くなっていくことはありますが、中には元々肛門が狭い人もいるのです。

semakomon

もともと肛門が狭い人は、一般的な肛門と比べて明らかに切れ痔になりやすいのです。

また、切れ痔自体も悪化しやすくて大変なのです。

一般的な流れで言えば切れ痔は、下記のステップで肛門が狭くなっていきます。

  1. なんらかの原因で初期切れ痔になる。
  2. 慢性的な切れ痔になる。
  3. 見張りイボができる。
  4. 肛門が狭くなる。

この1〜4になるまでの過程には、それなりに時間がかかるんです。

しかし肛門が元々狭い人は、切れ痔になる前から4番の肛門が狭い状態になっているのです。

さらに、肛門が狭い人が肛門を広げるためには、手術が必要です。

また基本的には入院をすることにもなるので、それなりに痛みも伴わなければならないのです。

肛門が狭いというだけで、切れ痔にもなりやすく不利なのですが、なるべく便通をよくすることで、切れ痔を悪化しないようにすることが出来るのです。

しかし元々の肛門が狭い人でも、食生活の見直しや毎日の運動、お風呂の習慣などで、ある程度は切れ痔にならないようにできます。

何事も「継続は力なり」ということだと思います。

まとめ

  • もともと肛門が狭い人は、一般的な肛門と比べて明らかに切れ痔になりやすい。
  • 肛門がもともと狭い人は、切れ痔で手術するような人と元から同じような状態と言える。

悩み別の切れ痔対策! あなたはどのタイプ?

あなたが切れ痔で悩んでいるなら、まずは便通を良くすることが基本中の基本です。

便通を改善すれば、それだけで切れ痔が治る可能性はかなり高くなりますよ。

当サイトでは、現在痔(主に切れ痔)のブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る