痔をわずらっている人は生命保険へ加入できる?

切れ痔やいぼ痔などをわずらっている人にも、生命保険に加入したいと考える人はたくさんいますよね。

切れ痔やいぼ痔は、悪化した生活習慣が関係して発症することも多いですからね。

さらに他の悪い症状も出てきていて、生命保険への加入を考えているとしても珍しくありません。

痔をわずらっている人は生命保険へ加入できる?

しかし生命保険への加入は、意外にもハードルが高く断られる人も少なくありません。

そして、痔が原因で断られることもあるんです。

生命保険への加入を考えているけど、切れ痔やいぼ痔という人はチェックしておいて損はないですよ。

痔をわずらっている人が生命保険に加入できるか?

加入できるかできないかだけで答えると、加入できることが多いでしょう。

もちろん保険会社によって引き受け基準が違うので、断られることもあるようですが・・・

多くのケースでは、痔をわずらっている場合「部位不担保」といった条件付きで加入できます。

これは痔をわずらっている人の場合、「肛門の病気や手術をする時は保証しません」といった条件のことです。

生命保険も含めて、保険は将来のリスクに備えるためのものです。

ですので、現時点での病気を保証してくれるタイプはほとんどないんです。

痔主が生命保険に加入するための条件とは?

痔主になっていった、もしくは現在いぼ痔や切れ痔で悩んでいるという場合。

生命保険の会社に対して、必ず告知義務というのをしなければいけません。

生命保険加入の告知義務

告知義務で聞かれることや、告知すべき内容は下記の通りです。

基本的には、過去5年分をさかのぼって健康状態を伝えることになります。

  • 現時点での身長・体重
  • 現在の職業
  • 病気の診断をされた時期
  • 通院履歴、治療期間
  • 入院経験の有無
  • 使っていた薬の名前
  • 通っていた病院の名前
  • 現在の病気の具合

内容を細かく記入することで、危険度の判断がつきやすいので、査定に通りやすくなります。

もちろんウソ偽りなく告知しなければ、いざという時に保険金がおりませんので注意してください。

とはいっても生命保険の加入では、申込み時点の健康状態や職業が大切なポイントです。

現時点で健康な人なら、過去に痔になっていても保険加入できる可能性はありますよ。

もし断られても、痔を治して半年くらいの時間をあければ、次は保険加入できる場合もあります。

また他の保険会社なら受け入れ可能な場合もあるので、色々とまわってみてくださいね。

まとめ

  • 痔をわずらっている場合、生命保険への加入を断られることもある。
  • 痔をわずらっていても、部位不担保といった条件なら保険加入できる。
  • 現時点の病気を保証してくれる保険はほとんどない。
  • 生命保険に加入するなら、告知義務は必ず必要。
  • 生命保険の加入は、申込み時点の健康状態や職業が大切。
  • 断られても、期間をあけたり保険会社を変えれば保険加入できる。

悩み別の切れ痔対策! あなたはどのタイプ?

あなたが切れ痔で悩んでいるなら、まずは便通を良くすることが基本中の基本です。

便通を改善すれば、それだけで切れ痔が治る可能性はかなり高くなりますよ。

当サイトでは、現在痔(主に切れ痔)のブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る