スッキリしない残便感は切れ痔が原因

なんとなく排便後もスッキリしない残便感は、切れ痔になると起こりやすい症状の一つです。

切れ痔が悪化すると、非常に起こりやすい症状の一つなので注意が必要です。

これは特に女性に起こりやすいと言われていますが、男性にも起こりうるものですよ。

スッキリしない残便感は切れ痔が原因

残便感の症状とは?

残便感の主な症状には、下記のようなものがあります。

  1. 便意はあるのに便がなかなか出ない。
  2. 排便をしても便が出きった感じがしない。
  3. 便がなかなか出きらない感じがしてトイレが長い。
  4. 排便後に、すぐにまたトイレに行きたくなる。
  5. 排便後も、便がお尻の出口あたりに残っている感じがする。

どれか当てはまる人は、スッキリしない残便感に悩まされていることかと思います。

なんで切れ痔が悪化すると残便感の原因になる?

切れ痔による残便感の原因は、肛門周辺に出来た傷に大便などの汚れがついて、炎症が発生したことで起こります。

ですので実際に便は残っていなくても、まだ残っているような感じがしてトイレに行ってしまうんです。

そんなことばかりしていると、切れ痔もドンドン悪化してしまうんですけどね・・・

また、便秘気味の人によく見られる症状でもあります。

便秘と切れ痔はセットみたいなものですが、この状態が続くと残便感を感じやすくなります。

思い返してみると、切れ痔に悩まされていた頃は、「今漏れてる?」みたいに感じることって結構ありました。

あれが残便感ってやつだったのかもしれません。

残便感を治すには何をすればいい?

便通を治せば残便感で悩まされることもなくなります。

便通を治す → 切れ痔が改善していく → 残便感も自然になくなるという流れです。

またウォシュレットなどを使っていれば、便はキレイに流せるので活用してくださいね。

ぼくは賃貸アパートや賃貸マンション暮らしですが、引越し先は常にウォシュレットトイレありの物件にしてますよ。

まとめ

  • 便を出してもスッキリしないのは残便感の特徴。
  • 残便感は切れ痔で出来た傷に、大便などの汚れがついて炎症が発生するのが原因。
  • 残便感の症状は、肛門を清潔にして便通を良くすれば自然治療ができる。

悩み別の切れ痔対策! あなたはどのタイプ?

あなたが切れ痔で悩んでいるなら、まずは便通を良くすることが基本中の基本です。

便通を改善すれば、それだけで切れ痔が治る可能性はかなり高くなりますよ。

当サイトでは、現在痔(主に切れ痔)のブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る