初期の切れ痔なら治りは早い

今まさに切れ痔の手術をひかえている人。

慢性的な切れ痔になっている人、見張りイボというイボが出来てしまった人・・・

様々な切れ痔の状態で、現在も悩まされている人は多いと思いますが、誰もが最初は初期の切れ痔からはじまっています。

しかし初期切れ痔の間に痔を治せないでいると、どんどん悪化して手がつけられなくなります!

初期の切れ痔なら治りは早い

初期切れ痔とは?

初期切れ痔とは、その名の通り出来はじめの切れ痔のことです。

急性切れ痔などとも言われますが、専門的には急性裂肛という言い方をします。

まだまだ傷も浅く線状になっているのが特徴で、便通さえ整えば数日程度で治ります。

この程度の切れ痔は経験者も多いかと思いますが、切れ痔はこの時点で治さないと、その後が大変です。

もし、最近傷の治りが遅い・・・肛門が切れやすくなった・・・と感じるなら要注意です。

間違いなく、切れ痔の慢性化がすすんでいる証拠ですよ。

切れ痔は初期の間に治療するのが鉄則

切れ痔のことを甘く考えている人は多いようですが、実際に放置し続けると悲惨なことになります。

初期切れ痔も悪化すると、慢性切れ痔 → 見張りイボ→ 肛門狭窄と、症状が悪化します。

肛門にイボができて肛門がせまくなると、手術も必要になり痛くて排便もできません。

そうならない為にも、なるべく初期切れ痔の時に治療するのが鉄則なんです。

初期切れ痔なら、サプリメントを飲むだけでも十分に予防と治療につながります。

毎月ほんの数千円で、手術の恐怖とも切れ痔の痛みとも無縁になれるなら、割の良い投資だと思いますよ。

切れ痔で悩んでいる人も、悩むのが嫌な人も検討してみてくださいね。

まとめ

  • どの切れ痔も初期段階で治療すれば簡単に治る。
  • 初期切れ痔は、急性切れ痔、急性裂肛などと呼ぶ。
  • 傷の治りの遅さや、肛門の切れやすさが気になるのは、切れ痔の慢性化がすすんでいる証拠。
  • 切れ痔は放置し続けると、悪化して手術の可能性もある。
  • 初期切れ痔なら、サプリメントを飲むだけでも十分に予防と治療ができる。

悩み別の切れ痔対策! あなたはどのタイプ?

あなたが切れ痔で悩んでいるなら、まずは便通を良くすることが基本中の基本です。

便通を改善すれば、それだけで切れ痔が治る可能性はかなり高くなりますよ。

当サイトでは、現在痔(主に切れ痔)のブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る