切れ痔の治療期間ってどれくらい?

切れ痔で悩みまくっていた頃、治療期間について調べまくった時期がありました。

そもそも切れ痔治療には、入院、通院、自宅治療の3つがあります。

このうちのどれを選ぶかによっても、治療期間は大きくわかれます。

また症状の重さによっても変わるので、あくまでもぼくの体験談ベースでまとめます。

切れ痔の治療期間ってどれくらい?

初期切れ痔の治療期間とは?

普段は切れ痔じゃないけど、かたい便などによって切れ時になったというパターンですね。

これは初期切れ痔ともよばれていますが、治療期間も短くてすむのが特徴です。

生活習慣と食生活さえ健康的になれば、早ければ2〜3日程度で治ります。

とりあえずは、水分補給や食生活には気をつけてくださいね。

場合によってはオリゴ糖や食物繊維、乳酸菌などのサプリメントを飲むのもいいでしょう。

初期切れ痔にオススメのサプリ

慢性的な切れ痔の治療期間とは?

慢性的な切れ痔になると、2ヶ月くらい毎日薬を塗ってもよくなりません。

ちょっとした生活習慣の改善では刃が立たず、お医者さんに行くかどうかも迷うところです。

ただし通院したとしても、結局は本人次第となります。

根本的に便通を改善できない人は、数ヶ月かかっても治らないようです。

ただし塗り薬を使って、サプリメントによる便通改善ができれば、1ヶ月程度で治療できることもあります。

ちなみに、こういった慢性切れ痔の人には肛門のせまい人が多いようです。

このタイプの人は、一時的に治っても再発することが多く、長期にわたって切れ痔に悩まされ続けます。

治っては再発してを繰り返して、10年以上切れ痔と戦っているという人も少なくないと思います。

手術が必要な場合の治療期間

切れ痔のケースでも、数ヶ月間改善が見られなければ手術をすすめられます。

その場合は主に、3パターンの治療期間があります。

  • 日帰り手術
  • 2〜4日の入院
  • 一週間くらい入院

とはいっても、切れ痔で手術が必要になるケースは非常に少ないようです。

そういう人からすれば、思ったより気軽に病院に行ける可能性もありますよ。

まとめ

  • 普段切れ痔にならない人は、治療期間も2〜3日と短い。
  • 慢性的な切れ痔の人は、肛門がせまい可能性もある。
  • 慢性的な切れ痔は、便通も改善しなければ数ヶ月かけても治らない。
  • 慢性切れ痔は治りも遅く、再発の可能性も高い。
  • 基本的には、切れ痔で手術が必要になるケースは少ない。

治療期間はそれぞれの症状や、試している方法によっても変わります。

今オススメなのは、カイテキオリゴ のようなサプリによる自宅治療です。

安全にできて、少しずつ便通が改善されるのを実感できますよ。

便通が治れば、切れ痔の再発もしなくなり治療期間も短くなるのでオススメですよ。

悩み別の切れ痔対策! あなたはどのタイプ?

あなたが切れ痔で悩んでいるなら、まずは便通を良くすることが基本中の基本です。

便通を改善すれば、それだけで切れ痔が治る可能性はかなり高くなりますよ。

当サイトでは、現在痔(主に切れ痔)のブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る