水分補給は切れ痔治療につながる

切れ痔の主な原因は便秘ですが、その他の大きな原因としてあげられるものが硬い便です。

硬い便は肛門を通るときに、どうしても肛門が切れて切れ痔になってしまう原因になります。

この問題を解決するため、簡単にできることの一つが水分補給なんです。

水分補給は切れ痔治療につながる

なんで水分補給が切れ痔治療にもつながる?

硬い便を無理に出すと肛門が切れるという説明のとおり、硬い便は切れ痔の天敵のひとつです。

この便をやわらかくする手段のひとつが、水分補給なんです。

毎日水を多く飲むだけなので、簡単にできるという特徴もありますしね。

特に硬水は、便をやわらかくするマグネシウムの量が多くオススメできます。

↓ 硬水の代表

  • エビアン
  • コントレックス
  • ゲロルシュタイナーなど

ただし日本のミネラルウォーターは基本的に軟水で、硬水は値段の高いものが多いのが特徴・・・

正直なところ、軟水でも十分に効果は期待できます。

ぼくの場合で言えば、毎日カートリッジタイプの浄水器でろ過した水を飲みまくっているだけです。

毎日どれくらいの水分補給が必要?

気になるのは、どれくらいの水分補給が毎日必要なのか? ということですよね。

水分補給の目安となるのは、毎日2リットル以上です。

めっちゃ多い! と思われる方もいるかもしれませんが、やってみると余裕です。

3リットルだと、さすがにキツいですけどね。

ちなみに便を柔らかくするのに効果があるのは、通常のお水と砂糖などの入ってない炭酸水だけです。

  • 水道水
  • 浄化した水道水
  • ミネラルウォーター(軟水と硬水)
  • 砂糖などの入ってない純粋な炭酸水

上記のうちのどれかを試してください。

オススメは、浄化した水道水と炭酸水です。

他のものは2リットルの中にカウントできないので、お水中心の生活を心がけてみてくださいね。

毎日の水分補給は、デトックス効果とか、肌がキレイになったりとか、切れ痔治療以外でもメリットが多いですよ。

まとめ

  • 水分補給は、便をやわらかくする手段のひとつ。
  • 柔らかい便は肛門が切れないためにも大切。
  • 水分補給は他の治療法より簡単に実行できる。
  • 軟水より硬水の方が便を柔らかくするのに良いが、軟水でも十分。
  • 水分補給は毎日2リットル以上が目安。
  • 便を柔らかくする水分は、通常の水と純粋な炭酸水だけ。

悩み別の切れ痔対策! あなたはどのタイプ?

あなたが切れ痔で悩んでいるなら、まずは便通を良くすることが基本中の基本です。

便通を改善すれば、それだけで切れ痔が治る可能性はかなり高くなりますよ。

当サイトでは、現在痔(主に切れ痔)のブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る