薬局で購入する切れ痔薬にはどんなものがある?

切れ痔になってしまったら、薬局に市販薬を購入しに行く人も多いことかと思います。

その際は、なるべく恥ずかしい思いをしたくない、自分に合ったものを選びたいと誰もが考えるはずです。

そういった時に仕える情報を今回まとめておきましたので、参考にしてもらえますと幸いです。

薬局で購入する切れ痔薬にはどんなものがある?

薬局で購入できる有名な市販薬について

まず切れ痔治療の市販薬では、どのタイプを購入するかを考える必要があります。

主なものには「注入タイプ」「塗り薬タイプ」「座薬タイプ」「便秘解消の飲み薬タイプ」があります。

切れ痔への個人的なオススメは、非ステロイドの塗り薬です。

炎症を悪化させずに、直接幹部に塗れるので効果があります。

ちなみに、有名な市販薬は以下のシリーズです。

  • ボラギノールA
  • ボラギノールM
  • プリザエース軟膏
  • ジオナール軟膏
  • リシーナ
  • コーラック

この中だと、特にボラギノールシリーズは有名ですよね。

「痔に~はボラギノ~ル」のCMを知らない人は、ほとんどいないと思います。

そして、ぼくが薬局の中でいいと思っている市販薬は、ボラギノールMシリーズの軟膏タイプ。

非ステロイドの塗り薬なので、かなり使いやすいのが特徴です。

切れ痔の市販薬は薬局のどこに置いてある?

痔に関係する薬は、薬局でもかなり目立つ位置に配置されています。

店員さんに声をかけなくても大丈夫なように、配置場所には薬局も気を使ってくれています。

主に便秘や下痢改善のコーナーにあり、その周辺に黄色く目立つボラギノールがあるはずです。

他の痔の商品も、その周りに集まっていますよ。

万が一、店員さんに声をかけられた場合、「大丈夫です」と言って離れてもらえば大丈夫。

ある程度気のきく店員さんなら、すっと離れてくれるはずです。

まとめ

  • 薬局で薬を買うなら、非ステロイドの塗り薬がオススメ。
  • ボラギノールMシリーズの軟膏タイプが、薬局の中ではオススメ。
  • 痔に関係する薬は、薬局でもかなり目立つ位置に配置されているので安心。

悩み別の切れ痔対策! あなたはどのタイプ?

あなたが切れ痔で悩んでいるなら、まずは便通を良くすることが基本中の基本です。

便通を改善すれば、それだけで切れ痔が治る可能性はかなり高くなりますよ。

当サイトでは、現在痔(主に切れ痔)のブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る