切れ痔にならない理想的な便とは?

切れ痔にならない理想的な便には、いくつかの特徴があります。

たまにはチェックして、調子がいいかどうかを判断する目安にしてみてください。

切れ痔にならない理想の便

簡単にチェックできる項目は全部で4つです!

ひとつずつ解説していきます。

その1. 便の回数

毎日便が出ないと、便秘なのか?と思う人もいるかもしれませんが、1日3回〜週に3回までの排便なら、正常の範囲内です。

それ以上の回数だと下痢で、それ以下の回数は便秘ということになります。

もちろん、毎日便がでるほうが理想的ではあります。

その2. 便の形

スルリとお尻からでてくる、バナナタイプの便が理想的な形となります。

うさぎのようにコロコロ小さいのがでてくれば便秘気味で、ペースト状になっている便は下痢気味といえます。

その3. 便の臭い

いつもより腐敗臭がする、酸っぱい臭いがする時は要注意です。

肉などを多く食べたときは、腐敗臭がすさまじいです。

逆に、いつも肉ばかり食べているような人は臭いの異変に気づきにくいかもしれませんね。

その4. 便の色

便の色は便の大腸の通過時間で決まります。

短いほど明るい黄色になり、長ければこげ茶に近づいていきます。

黄色から茶色まではの範囲の便なら、健康的な範囲内と言えます。

理想的な便のメリットは?

  • トイレットペーパーで拭いたとき、便がほとんどつかない。
  • スムーズに便がでるので、トイレ時間が短くてすむ。

これらにより、拭きすぎによる切れ痔をふせぐこともでき、排便のストレスも大きく軽減することができます。

まとめ

  • 理想的な便は、回数、色、形、臭いをチェックすればわかる。
  • 理想的な便がでるようになれば、トイレ時間の短縮になり拭きすぎによる切れ痔や、ストレスの軽減になる。

悩み別の切れ痔対策! あなたはどのタイプ?

あなたが切れ痔で悩んでいるなら、まずは便通を良くすることが基本中の基本です。

便通を改善すれば、それだけで切れ痔が治る可能性はかなり高くなりますよ。

当サイトでは、現在痔(主に切れ痔)のブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る