切れ痔の傷口から雑菌が入ると大変

肛門の皮膚が切れると切れ痔になりますが、切れ痔になるということは傷口ができるということでもあります。

しかし、この傷口が場合によっては切れ痔を悪化させてしまいます。

切れ痔の傷口から雑菌が入ると大変

切れ痔の傷口には雑菌が入りやすい?

切れ痔になるということは、便の通り道に傷口ができるということです。

便の中には当然、雑菌もいるので危険と思うかもしれません。

ただし便の中にいる雑菌は、基本的には体の免疫機能によってブロックできます。

ですので肛門さえ清潔にしておけば、雑菌による感染などの心配はほとんどありません。

心配する人もいるようですが、その点は安心してください。

傷口への雑菌を放置し続けるとどうなる?

切れ痔による傷は、基本的にはそこまで心配が必要なものではありません。

しかし慢性的な切れ痔になっていて、常に傷口があるのなら危険かもしれません。

なぜなら免疫機能があるとはいっても、常に雑菌やバイ菌から守ってくれる免疫力があるとは限りません。

体調が悪い時は免疫機能も弱くなりますし、そうなれば傷口に入ってくる雑菌から体が守れません。

炎症をおこして傷口が腫れたりひろがったり、傷の治りが遅くなったりもします。

その結果、切れ痔の悪化やいぼ痔や痔ろうを併発する原因にもなるんです。

傷口へ侵入する雑菌から守る方法

免疫力を高めるためにも、腸内環境をよくすることが第一です。

そして、肛門を清潔にたもつ努力が必要です。

ただし根本的には、切れ痔にならないように便通を整えることの方が大事です。

ちなみに、腸内環境を整えるためにも便通を改善するのにも、オリゴ糖は最適です。

オリゴ糖はサプリメントでも試せるので、興味のある人は試してみてください。

まとめ

  • 切れ痔になると、便の通り道に傷口ができる。
  • 体の免疫機能によって、便の中にいる雑菌からは守られている。
  • 体調が悪い時などは免疫機能が弱くなる。
  • 傷口への雑菌が、切れ痔の悪化やいぼ痔や痔ろうを併発する原因になる。
  • 腸内環境をよくして免疫機能を高めて、肛門を清潔にたもつ努力が必要。
  • 腸内環境を整えるて便通を改善するなら、オリゴ糖を飲むのがいい。

悩み別の切れ痔対策! あなたはどのタイプ?

あなたが切れ痔で悩んでいるなら、まずは便通を良くすることが基本中の基本です。

便通を改善すれば、それだけで切れ痔が治る可能性はかなり高くなりますよ。

当サイトでは、現在痔(主に切れ痔)のブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る