慢性切れ痔の治療には時間がかかって当たり前

切れ痔は初期の切れ痔なら、そこまで時間がかからずに治療できます。

しかし慢性的な切れ痔になってしまうと、治療にはかなりの時間がかかってしまいます。

個人的にも経験していますが、本当に大変でした。

慢性切れ痔の治療には時間がかかって当たり前

慢性切れ痔の治療はどれくらいの時間がかかる?

個人的な経験では、かなり悪化した状態の慢性切れ痔では2ヶ月間毎日薬を塗ってもダメでした。

なぜなら、少し状態がよくなっても排便の時のダメージで、また切れて元通りになるからです。

そうなってしまう理由はたくさんあります。

  • 慢性的な切れ痔によって肛門が切れやすくなっている。
  • 切れ痔が痛すぎるので、しっかりとふけない。
  • 便が残ると、傷口に便が入りさらに炎症が悪化する。
  • 肛門が元々せまい。せまくなっている。

これらの理由により、通常の薬だけの治療 + 生活習慣の改善程度では、慢性切れ痔は治りません。

良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、半年たっても一向に改善しないのがほとんどです。

そして結局病院に行く人までいるようです・・・

初期切れ痔ならすぐにでも治りますが、切れ痔は慢性化すると非常に厄介なんです。

どうすれば慢性切れ痔は治療できる?

病院に行くのが手っ取り早いですが、例え手術をしても切れ痔になりやすい人は高確率で再発します。

そうならない為には、生活習慣の徹底的な改善 +  オリゴ糖や乳酸菌、食物繊維などで便通を改善するのが先決です。

もし便通改善において足りない栄養素があるなら、サプリメントなどで改善することも大切です。

そして便通を我慢しないことや、切れ痔がひどい時はウォシュレットトイレを使わず、ウェットティッシュで拭くといった心がけも大切です。

そういった生活を続けて、本当に少しずつ改善していくのが慢性切れ痔です。

ただし慢性切れ痔を治療できるような生活を続けられたなら、今後切れ痔にあうリスクは限りなく低くなります。

切れ痔に対して有効な、生活習慣が根付いたという証明でもありますからね。

慢性切れ痔は、自宅治療の場合はすぐに治せる方法はありません。

ですが少しずつでなら治療はできます。

もし病院に行くのが絶対に嫌という人は、地道ではありますが実践を続けてみてくださいね。

まとめ

  • 薬と生活習慣の改善程度では、慢性切れ痔は治らない。
  • 半年以上慢性切れ痔に苦しみ病院に行く人もいる。
  • 慢性切れ痔は、本当に少しずつしか改善しない。
  • 慢性切れ痔を改善できる生活習慣は、今後も切れ痔を再発しにくい。

悩み別の切れ痔対策! あなたはどのタイプ?

あなたが切れ痔で悩んでいるなら、まずは便通を良くすることが基本中の基本です。

便通を改善すれば、それだけで切れ痔が治る可能性はかなり高くなりますよ。

当サイトでは、現在痔(主に切れ痔)のブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る