排便障害と切れ痔は密接な関係にある

排便障害とは切れ痔の原因ともなり、逆に切れ痔が原因で排便障害になることもあるほど、密接な症状です。

排便障害とは、主に便秘と便失禁にわけられるのですが、特に便秘症状に関しては切れ痔と関係性が深いですね。

排便障害と切れ痔は密接な関係にある

排便障害の主な症状と原因とは?

排便障害は高齢化するにつれ増えていき、特に女性に多くありがちな症状です。

女性は切れ痔になる頻度も高く、ここでも男性よりも痔に対して不利な印象があります。

排便障害に関する便秘の症状

  • 便秘が3日に1回未満、1週間に3回未満と少ない。
  • 便が硬くて、なかなかでない。
  • いきまないと便がでない。
  • 便意をほとんど感じない。
  • 便の出る量が少ない。

排便障害に関する便秘の原因

直腸、小腸、結腸、肛門周りの症状(切れ痔など)、肛門周りの外傷などが原因になりやすです。

また、ストレスや食生活も大きく影響があります。

痔に関しては、大きくなったいぼ痔や切れ痔で狭くなった肛門が原因で便が通りにくくなることも原因です。

排便障害に関する便失禁の症状

  • 便意をがまんできない。
  • 無意識で便がもれることがる。

排便障害に関する便失禁の原因

便失禁原因になるのは、肛門の筋肉が弱まることが主な原因です。

まとめ

  • 排便障害は高齢化するにつれ増えていき、特に女性に多い。
  • 直腸、小腸、結腸、肛門周りの症状(切れ痔など)、肛門周りの外傷、ストレスや食生活が、排便障害の原因になりやすい。
  • いぼ痔のいぼや、切れ痔で狭くなった肛門が邪魔をしています。

悩み別の切れ痔対策! あなたはどのタイプ?

あなたが切れ痔で悩んでいるなら、まずは便通を良くすることが基本中の基本です。

便通を改善すれば、それだけで切れ痔が治る可能性はかなり高くなりますよ。

当サイトでは、現在痔(主に切れ痔)のブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る